文字サイズ

広島、今季初の1点差勝利 「新勝利の方程式」塹江→フランスアが締めた

 8回、1イニングを無失点の広島・塹江(右)=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島2-1阪神」(8日、マツダスタジアム)

 広島が接戦を勝ちきった。今季1点差ゲームを勝利で終えるのは、7試合目で初めてだ。

 七回に坂倉の中前適時打で2-1とリードを奪うと、「新勝利の方程式」メンバーがマウンドへ。

 八回を託された塹江は1死二塁で糸井、大山を打ち取り任務を完了。抑えとして登板したフランスアは、サンズと代打・陽川を空振り三振に仕留め、最後は梅野を左飛だ。

 勝ちパターンを固めることが開幕からの懸案事項だった。佐々岡監督は左腕2人について「プレッシャーの中でよく抑えてくれた。自信にしてくれたらいい」と目尻を下げた。

 フランスアは「ストライク先行で攻めていく気持ちだった。最近は真っ直ぐが良くなっている」と充実感をにじませた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス