文字サイズ

広島 床田降板直後に薮田が3ラン浴びる 課題の中継ぎ陣またも失点

 6回、代打・乙坂(手前)に3ランを浴びた薮田(撮影・堀内翔)
 6回、代打・乙坂(後方)に3ランを浴びた薮田(撮影・堀内翔)
 3回、ロペスに適時打を浴び、本塁へベースカバーに走る床田(撮影・西岡正)
3枚

 「DeNA-広島」(25日、横浜スタジアム)

 先発した広島・床田寛樹投手は5回8安打6奪三振、1四球3失点でマウンドを降りた。

 初回、DeNAの4番・佐野と続く宮崎に連続適時打で2点を先制され、三回はロペスの適時打で3点目を失った。しかし四回と五回は立ち直り、無失点に抑える投球。粘りを見せ味方の反撃を待った。

 床田が五回で降板した直後の六回。2-3と1点ビハインドで終盤勝負に持っていきたい展開だったが、2番手・薮田が踏ん張れない。1死から戸柱に四球、続く倉本の右前打で一、二塁のピンチを迎えて代打・乙坂に右越え3ランを浴びた。課題の中継ぎ陣が失点を喫し、点差は4点に広がってしまった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス