文字サイズ

広島 新守護神の菊池保がリード守れず…大瀬良の3勝目が消える 延長へ突入

 9回、京田のバントを二塁へ悪送球する菊池保(撮影・金田祐二)
3枚

 「中日-広島」(10日、ナゴヤドーム)

 広島・大瀬良の3勝目が消えた。

 1点リードの九回、新守護神・菊池保が登板。いきなり先頭の井領に中前打を許し、続く京田の投前へのバントを処理した菊池保が二塁へ悪送球で一、二塁。木下が送り二、三塁となり代打石川駿が四球を選び満塁。ここで大島に中犠飛を打たれ同点とされた。

 前回登板の4日・阪神戦(マツダ)で今季最短となる4回8安打5失点でKOされた先発の大瀬良は、7回5安打1失点。七回2死満塁のピンチも代打福田を右飛に仕留め、3勝目の権利を持って降板したが、新守護神がリードを守ることができなかった。

 試合は延長十回に入った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス