広島・塹江がプロ初勝利「鳥肌が立った」好救援で堂林弾呼ぶ

プロ初勝利を挙げ、佐々岡監督(左)に祝福される塹江(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島6-3DeNA」(8日、マツダスタジアム)

 広島の塹江敦哉投手がプロ初勝利を手にした。

 3-2の八回から登板。梶谷、ソト、オースティンと並んでいた強打者を打ち取り、この回を無失点。直後の攻撃で堂林が逆転満塁弾を放ったことで、勝利投手の権利が転がり込んだ。

 「ホームランが出たときは鳥肌が立った。6年かかって(勝利投手の権利の)チャンスが巡ってきた」

 ビハインドながら僅差で送り出された。「実績のない選手を、1点差で使うのは勇気がいると思う。使ってもらって感謝です」と振り返った。

 これで開幕から6試合連続無失点だ。佐々岡監督は「これからもきつい場面で投げて自信をつけてほしい」と期待した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス