文字サイズ

広島 新守護神の菊池保がプロ初セーブ「何とか0点でいけた」

 「広島6-3DeNA」(8日、マツダスタジアム)

 広島の菊池保則投手が、プロ初セーブを手にした。

 堂林が八回に満塁本塁打を放ち、6-3とし迎えた九回からマウンドへ。先頭の佐野から2者連続四球を与えていきなり得点圏に走者を背負ったものの、気持ちをリセットして後続を打ち取った。

 1軍で抑えを任されるのはこれが初めて。「なるべく普段通りにと思ったけど、少し力んだ部分があったのかもしれない。何とか0点でいけた」と胸をなで落とした。

 開幕から安定感があり、新守護神に指名された。佐々岡監督は「緊張しただろうし、初めてだったので難しかった面もあると思う。これで次から落ち着いてやってくれる」と話した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス