文字サイズ

広島・床田がロングティーで調整「打つ時に力を入れるのはピッチングと似ている」

 練習の最後にロングティーをする床田。後方は佐々岡監督(撮影・立川洋一郎)
3枚

 広島の床田寛樹投手(25)が25日、マツダスタジアムで行われた練習でロングティーを行い、コンディション維持に努めた。

 キャッチボール、ブルペンを終えた床田はダッシュメニューを終えるとチームメートの高橋樹とともにバットを持ちグラウンドへ。中堅方向に打球を飛ばして汗を流した。

 「(体の)キレを出すのと、打つ時に『フッ』と力を入れるのはピッチングと似ている」と腹に力を入れる瞬間の動きが投球とリンクしていると左腕。“本業”以外での練習も刺激に、状態を整えていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス