文字サイズ

阪神、広島などで活躍の好投手、経営者として介護業界で奮闘中 妻はバレーボール元日本代表

 阪神、西武、広島で左腕投手として活躍した江草仁貴さん(39)が介護業界で奮闘している。広島市中区にあるフランチャイズ店「レコードブック広島住吉町」が、江草さんの経営するリハビリ型デイサービスの店舗だ。

 現役時代と変わらぬ優しい笑顔で江草さんがこう語る。「現役のとき、いろいろな高齢者施設を訪問すると喜んでもらったんです。祖母がデイサービスに行っていたので親しみもあった。自分も何か役に立てることがあると思いました」

 広島県福山市出身。盈進高、専大を経て2003年に阪神に入団し、11年途中に西武へトレード。12年の開幕前に広島へ移った。2度のトレードを経験したことで、現役の時から引退後の進路については考えていたという。オフには実際に介護施設の見学にも行った。17年シーズン終了後にユニフォームを脱ぎ、(株)キアンの代表取締役として、介護事業で第2の人生をスタートさせた。

 デイサービスのプログラムは午前と午後の2部構成で、ティータイムを含めてそれぞれ3時間。送迎車で迎えに行き、集団運動や歩行機能の回復をサポートする機能改善運動などに力を入れる。

 プログラムには、フランチャイズ本部が作成したものに「江草らしさ」も加えた。それがゴムチューブを使ったインナーマッスルのトレーニングだ。体の深い所に位置する筋肉の強化は、プロ選手にとってパフォーマンス向上につながる重要な練習。筋力トレーニングの際には欠かさず行っている。それが高齢者の筋力や機能維持にも役立つと考えた。

 「例えば、つまずいたときに反応できたり、踏ん張ったりすることが大事なんです」。店舗には特別な器具はない。自宅で手軽にでき、効果が大きいことがこのトレーニングのメリットだ。

 店舗の雰囲気作りにも気を配った。床には赤いカーペットを敷き、明るさを演出した。「パッと見たとき、普通のデイサービスじゃないと思ってもらいたかった。運動したいという気持ちになってほしかった」。高齢者の中には、施設に通っていることを他人に知られたくない人もいるという。だからこそ「胸を張って行っていると言ってもらえる場所にしたかった」と話す。

 「人の役に立ちたい」という志を胸に飛び込んだ世界。利用者の笑顔に大きなやりがいを感じ、それがあすへの活力につながっている。「ある一人暮らしの方が『何のために生きているんだろう』と話していたことがあったんです。でも、ここに通ううちに『楽しいから、また来たいと思うようになった。元気でいないといけないね』と前向きな言葉に変わったんです。こんな小さな所でも、喜んでもらえるのは、本当にうれしい」。

 今後は店舗を増やすなど事業を拡大していく青写真を描く。「高齢者の方が笑顔で元気に毎日を過ごしてもらいたい」。熱い思いを持った江草さんは、真っすぐに前を見つめて言葉をつむいだ。

 江草さんにはもう1つの夢がある。18年3月から大阪電気通信大学硬式野球部のコーチを務めている。週3回グラウンドに足を運び、「やるからには将来的にはプロに入るような選手を育てたい」と意欲を燃やす。

 就任当初、投手の最速は130キロ。指導しても伝わらないことにモヤモヤした気持ちがあったという。それでも接する時間が長くなるにつれ「かわいくなった。何とか分かるように教えてあげることが仕事なんだと思うようになった」と話す。

 「時間がかかっても何とか強くしたい。選手には試合に出て勝つ喜びを知ってほしい」。現在、チームは阪神大学野球2部東リーグに所属。まずは1部昇格という目標へ向けて選手を鍛えていく。

(まいどなニュース/デイリースポーツ・市尻 達拡)

   ◇   ◇

◆江草仁貴(えぐさ・ひろたか)1980年9月3日生まれ。広島県福山市出身。現役時代は左投げ左打ちの投手。専大を経て02年度ドラフト会議で自由枠によって阪神に入団。中継ぎとしてチームを支え、07年から3年連続で50試合以上の登板を果たした。西武、広島にも在籍し、17年限りで引退。通算349試合、22勝17敗、防御率3.15。妻は元バレーボール日本代表で、現在はクラブチーム、ヴィクトリーナ姫路の監督を務める竹下佳江さん。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      あの人~ネクストステージ最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス