文字サイズ

広島・高橋大、センター返しで1軍残る!OP戦、安打の4/5が左方向

 広島の高橋大樹外野手(25)が23日、センター返しを心掛け、開幕1軍生き残りに意欲を示した。

 オープン戦の打率は・294。1日の中日戦(ナゴヤドーム)では2打席連続本塁打を放つなど、勝負強い打撃が光った。

 引っ張る打撃が目立っている。オープン戦の5安打中4安打は左方向への打球。また、22日の中日との練習試合(マツダ)で放った2安打はいずれも左前打だった。

 「納得はしていない。引っ張るという意識はしていないですね。引っ張ってファウルになることもあった。あくまでセンター返しを意識している」。自然体のスイングを貫いている。

 朝山打撃コーチは「彼の持ち味は引っ張るところ。ただそれだけだと打率は残りにくい。ライナー性の低い打球をいかに打てるか」と期待を寄せた。8年目を迎える今季。持ち前の積極打法を武器に、左方向以外へも長打を量産していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス