文字サイズ

広島 1番長野の二塁打から先制攻撃 ピレラ適時打 鈴木誠が犠飛

 1回、左中間に二塁打を放つ長野(撮影・堀内翔)
2枚

 「オープン戦、ヤクルト-広島」(10日、神宮球場)

 開幕延期が決まった翌日のオープン戦。雨の影響が心配されたが、予定通り午後1時にプレーボールとなると、活発な打線が早速存在感を見せつけた。

 「1番・左翼」でスタメン出場した長野がヤクルト先発・スアレスから1ボールからの2球目を捉えて、フェンス直撃に中越え二塁打で好機を演出。続くピレラが右翼への適時二塁打を放って長野が生還。攻撃的な1、2番コンビでいきなり先制点を奪った。

 また、3番西川の一ゴロで1死三塁にすると4番の鈴木誠が中堅に犠飛を放ち、追加点を挙げた。試合は1回が終了し、2-0で広島がリードしている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス