文字サイズ

広島・高橋大樹が2打席連続本塁打 右の代打戦線で一歩リード「1軍に残れるよう」

9回、左越えへ2打席連続本塁打となる2ランを放つ高橋大(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「オープン戦、広島8-2中日」(1日、ナゴヤドーム)

 広島の高橋大樹外野手が2打席連続本塁打で長打力を猛アピールした。

 七回1死に左越えソロ。1点を奪って迎えた九回1死一塁では、藤嶋に2ストライクと追い込まれながら、3球の直球を再び左翼席へたたき込んだ。滞空時間の長い、美しい放物線を描いた。

 「2本目は追い込まれていたので、何とか前に飛ばそうと思っていた。ラッキーだった」

 春季キャンプから好調を継続。直球に加え、変化球への対応力が上がったことが要因で、右の代打争いで一歩、リードした。「開幕1軍に残れるように頑張っていきます」。今季8年目を迎えた和製スラッガーは、手綱を締めて前を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス