文字サイズ

ドラ1森下 即戦力の自覚「一日5~6食」食トレ中 新人年俸の上限額で仮契約

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が7日、東京都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で仮契約した。ドラフト会議直後に「新人王を目指す」と言った最速155キロ右腕。タイトルをつかみ取るため、まずは開幕ローテ入りを目標に掲げた。

 金屏風(びょうぶ)の前に座った森下は、何度も白い歯をこぼした。「良い評価をしてもらった。結果を出して恩返しをしたい」。10月17日のドラフト会議での指名直後に「新人王」を掲げた右腕。頂を目指す過程で、まずは短期的な目標を言葉に変えた。

 「開幕ローテに入れるように、頑張っていきたい」

 来季ローテで決定的なのは、今季ともに11勝を挙げた大瀬良とジョンソンのみ。春季キャンプとオープン戦を通じて残り4枠を争う。激しい競争を勝ち抜くために体力は必要不可欠だ。「走り込みやウエートトレーニングに力を入れています」。現在は“マッチョ化計画”を進行中だ。

 自分の体重を使ったトレーニングをしていたものの、重い負荷をかけた筋力トレはしたことがなかった。ドラフト後には明大の先輩である野村に電話で「これからが大事だ」と声を掛けられた。「今のままでは1年間、もたない。取り組み方があまかった」。バーベルの重量を増やしたスクワットなどは週2回から4回に増やした。

 身長180センチの森下だが、体重は現在76キロと軽い。「一日5~6食は食べています」。プロは食べることも仕事の一つになる。来年1月の入寮までに80キロ到達を見据え、筋力トレーニングと並行して食トレも実施する。

 最速155キロの直球を軸に、縦に大きく割れるカーブやフォークなど、多彩な変化球を操る。加えてフィールディングなどにも自信がある。佐々岡監督は「投手は総合力が大事」と言い続けている。森下が理想とする投手像はドジャース・前田健太。右腕は「投げる以外の部分も、しっかりこなせるようにならないといけない。送りバントもできるようにしないと」と高い意識をのぞかせた。

 年俸は従来の1500万円から改訂された新人の上限額1600万円。契約金1億円の使い道を問われると「これまで支えてくれた人に恩返しをしたい。そこに使うことで、また頑張ろうと思える」と言った。感謝の気持ちを胸に、広島のユニホームに袖を通す。

 「(キャンプは)1軍でスタートさせてもらえる。そこまでやるべきことを考えてやっていきたい」。即戦力としての自覚は十分。開幕からチームの大きな戦力となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス