文字サイズ

菊池 先制弾&美技3連発「最高のプレー」山田コーチが賛辞

 「広島1-4阪神」(3日、マツダスタジアム)

 平然とやってのける姿が頼もしい。広島の菊池涼が縦横無尽に緑の芝生の上で躍動した。安打になっていれば、早々に試合の流れが変わっていたかもしれないビッグプレー。3度の美技で床田をもり立てチームに勇気を与えた。

 まずは1-1の四回1死からだ。マルテの中前へ落ちそうな打球をジャンプして好捕。さらに続く糸原のライナーは、グラウンドに落ちる直前でつかみ取った。

 五回無死では、床田の足元を抜けた梅野の打球を、二塁後方で逆シングル捕球。圧巻のジャンピングスローでアウトにしてみせた。いずれも菊池涼だからこそできた守備。緒方監督は「投手を助け、相手に流れを渡さないプレーだった。だから締まった試合になった」と力を込めた。

 1つの安打が試合展開を変えるように、1つの守備でチームが勢いづくこともある。「最高のプレーだった」と山田内野守備走塁コーチ。上位3強のデッドヒート。これからも負けられない戦いが続く中で、名手の堅い守備力は大きな武器だ。

 打っては初回に先制の8号ソロを放った。この日は敗れはしたものの首位・巨人も黒星を喫したため、ゲーム差は「3」のまま。その背中をピタリと追走する。勝負の8月戦線は始まったばかりだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス