文字サイズ

ジョンソン 3回5失点KO イライライライラ…味方のミスにも審判にも“負けた”

 「広島2-7ヤクルト」(4日、マツダスタジアム)

 感情をコントロールできなかった。広島のクリス・ジョンソン投手が3回5安打5失点(自責点4)。今季3度目となる3回KOで5敗目を喫した。味方打線の得点直後に5失点。連敗ストップを期待されながら背信投球だった。

 「守備のミスもあり、アンパイアのコールもあった。強打者に対して、真ん中にしか投げないとストライクを取ってもらえなくなれば、ピッチングは難しくなった」

 三回だった。小窪の失策や石原の犠打野選などで無死満塁とされると、青木に逆転の2点左前適時打。中山には外角低めの直球を右翼席へ。3ランを被弾して主導権を手放した。

 「1回で3つも4つも(ストライクを)取ってくれないとフラストレーションがたまる」。際どいコースへの球がボールと判定とされる。募るイライラ。平常心を失うという悪癖が露呈した。

 連敗ストップを託され上がったマウンドでふがいない投球だった。佐々岡投手コーチは「イライラが丸見え。ああいう態度をされるとね。中継ぎにも負担が掛かる」と表情を曇らせた。

 次回登板は、球宴前最後となる10日の中日戦が有力だ。チームにはずみを付けるためにも、マウンドでは自制心が求められる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス