文字サイズ

誠也、全打席ホームラン狙う!「球宴だけは自分の結果を」セ界最多得票で選出

 オールスターでの活躍を誓う大瀬良(右)と鈴木(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「マイナビオールスターゲーム2019」のファン投票最終結果が24日、発表され、広島・鈴木誠也外野手(24)がリーグ最多の48万5526票を集め、セ・リーグ外野手部門1位で選出された。球宴出場は4年連続4回目で、ファン投票では3年連続。全打席本塁打を狙い、個人賞獲得への意欲を示した。

 令和元年夏の宴。セ・リーグ最多得票の鈴木は、感謝の意をバットで示す。3年連続ファン投票による選出で、4度目の球宴。「たくさん良い選手がいる中で一番の票をいただけてうれしく思う」とし、「出るからには(個人賞を)取りたいですし、ホームランだけを狙って全打席に入りたい」と力強く口にした。

 2年連続で有言実行を果たす決意だ。昨年の選出時には自身初の球宴弾を狙う思いを語り、西武・菊池(現マリナーズ)との対戦も熱望していた。その言葉通り第1戦で菊池から一発を放ち、敢闘選手賞に選出された。

 自身の思い出にも残っているという昨年の球宴初本塁打。「今年はどういう思い出ができるか分からないですけど、いい投手がたくさんいるのでヒットと言わずホームランを狙っていきたい」。球宴通算16打数7安打のお祭り男は、揺るがぬ思いを口にした。

 今年イメージを膨らませるのは、パ・リーグ投手部門で選出された右腕だ。「交流戦で千賀さんにこてんぱんにされた(3打数無安打2三振)。一球、頭の上にぶん投げられたので、(千賀の)頭の上を通すような球を打ち返したい」とニヤリ。夢舞台ではリベンジを果たしてみせる。

 今季はここまでで68試合に出場し、打率・319、18本塁打、51打点。チームの勝利に徹する中でも本塁打数も伸ばしており、期待せずにはいられない。「オールスターだけは自分の結果を出せるように頑張っていきたい」とプロ野球ファンを沸かせるつもりだ。

 チームからは、エース・大瀬良とともにファン投票選出で出場する。「偉大なるスーパースターの後ろを守るので、エラーをしないようにしたい」とちゃめっ気も見せた鈴木。真夏に熱いプレーを、存分に見せつける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス