文字サイズ

ドラ1小園が拙守連発 併殺コースが痛恨のトンネルでピンチ拡大…

 6回、吉田正の打球を後逸する小園(撮影・飯室逸平)
2枚

 「交流戦、広島-オリックス」(22日、マツダスタジアム)

 ドラフト1位・小園が、失点に直結する痛恨ミスを犯した。

 六回、無死一塁。吉田正の放ったボテボテのゴロを、痛恨のトンネル。6-4-3の併殺コースで素早くトスしようと焦り、腰が浮いてしまった。

 無死二、三塁から続く中川が2点適時打。先制を許した。

 スタメンに大抜てきされている小園だが、初回の守備でも平凡なゴロを失策。前日の試合でも九回に敗戦に直結する悪送球をしており、試練が続いている。

 それでも、直後の攻撃では1死から右翼線二塁打。プロ初長打をマークし、必死のプレーをみせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス