文字サイズ

広島、首位見えた!7連勝で巨人とゲーム差なし アドゥワ7回0封 4番鈴木がV打

スタンドの声援に応える広島・アドゥワ誠=甲子園(撮影・北村雅宏)
2枚

 「阪神1-5広島」(19日、甲子園球場)

 投打のかみ合った広島が快勝し、今季2度目の7連勝をマークした。首位・巨人が敗れたため、ゲーム差なしの2位となった。

 初回、初回1死から、菊池涼、バティスタの連打で一、二塁とすると、4番・鈴木が右中間を深々と破る先制の2点適時二塁打を放った。

 「打ったのはスライダー。初回にチームにとっていい先制点になりました」。

 阪神との連戦、すべてで先手を取ると、続く二回2死三塁から菊池涼が投手強襲の適時内野安打で3点目を挙げた。

 四回にも、先頭の田中広が中前打で出塁。2死後、菊池涼、バティスタに連続タイムリーが飛び出した。菊池涼が「打ったのはストレートかな。うまく対応することができました」と振り返れば、バティスタは「打ったのはストレート。チャンスだったので、ランナーを返すことができて良かったです」とコメントした。

 投げては先発のアドゥワが阪神打線に付けいるスキを与えず、7回を4安打無失点の好投で2勝目を挙げた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス