文字サイズ

広島が延長制して4連勝、5割復帰 10回に西川が走者一掃三塁打

延長10回、安部は右越えに2ランを放ち、ベンチでナインに迎えられる
3枚

 「中日2-7広島」(6日、ナゴヤドーム)

 広島が鮮やかな逆転で4連勝(引き分けを挟み)を飾り、5割に復帰した。

 3戦連続の延長戦をものにした。2-2で迎えた延長十回、一気に5点を奪い勝負を決めた。

 この回から登板した谷元に痛打を浴びせた。野間の中前打を足がかりに1死満塁とすると、西川が初球をとらえ左中間を真っ二つに割る3点三塁打。5-2とリードを奪った。続く安部は高めのボールをとらえ右翼席にとどめの3号2ランを突き刺した。

 先発のアドゥワが4回に2点を先取される展開。打線はプロ初先発となった中日・福谷を打ちあぐね5回までは0行進が続いた。だが六回に、女房役の磯村が左越えに2号ソロを放ち1点を返した。

 勝利への執念を見せたのは土壇場の九回。中日の3番手鈴木から先頭の安部が二塁打、磯村が犠打を決めて三塁に走者を進め、代打の松山が中前へ同点タイムリーを放ち、3戦連続の延長戦に持ち込んでいた。

 延長十回に勝ち越しの走者一掃三塁打を放った西川はヒーローインタビューで「ヒットになって良かったです!何とか粘って粘ってみんなで勝ち取った勝利です」と興奮気味に話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス