文字サイズ

広島 土壇場九回に同点に追いつく 3試合連続延長戦に

9回、中前に同点打を放つ松山
2枚

 「中日-広島」(6日、ナゴヤドーム)

 広島が土壇場で同点に追いつく執念を見せて3試合連続の延長戦に持ち込んだ。

 1点を追う九回、中日の3番手鈴木を攻めた。先頭の安部が二塁打、磯村が犠打を決めて三塁に走者を進めた。田中は捕邪飛に倒れたが、代打の松山が中前へヒットを放ち、同点の走者をかえした。

 同点に追いついたものの九回裏には菊池保が先頭の高橋に右翼フェンス直撃の二塁打を浴びて大ピンチを招く。2死一、三塁からは平田が四球を選び満塁とされたが、京山を三ゴロに仕留めて無失点で切り抜けた。

 広島は先発のアドゥワが6回6安打2失点(自責1)と試合を作ったが、打線はプロ初先発となった中日の7年目右腕、福谷を打ちあぐねた。

 5回まで0行進。六回に磯村が2号ソロを放ち1点を返したが、その後は継投の前に沈黙していた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス