文字サイズ

ミスミスで追加点許す 広輔トンネル、アドゥワは2回で5四球

 2回、梅野の打球をファンブルする田中広(撮影・飯室逸平)
2枚

 「阪神-広島」(30日、甲子園球場)

 広島は失策と四球が絡んで追加点を奪われた。

 初回に先発・アドゥワが4四球の押し出しで先制点を献上。なおも1死満塁のピンチを迎えていたが、ここで阪神・マルテが制球に苦しむアドゥワの初球に手を出し三塁併殺。流れが変わるプレーにも見えたが、続く広島の二回の攻撃が3者凡退に終わり、リズムをつかみきれない。

 二回は先頭・梅野の遊撃への打球を田中が後逸。2死を奪ったが、1番・近本に四球を与えると、続く糸原に左前適時打を浴びた。

 アドゥワは2回で早くも5四球。前夜のヤクルト戦(神宮)では先発の九里が4回1/3で6四球出すなど、5投手で今季ワーストの10四球。ヤクルトに6安打しか許さなかったが、7点を奪われて連敗している。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス