文字サイズ

長野「お疲れ様でした…」まさかの転倒に苦笑い

4回、広島・バティスタの安打で本塁を狙うもアウトとなる広島・長野久義=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島2-0中日」(25日、マツダスタジアム)

 広島・長野がまさかの転倒だ。四回1死から左前打で出塁、続くバティスタの左翼線二塁打で全力疾走して三塁を蹴ったが痛恨の転倒。捕手加藤にタッチされアウトとなった。

 試合後、広瀬外野守備走塁コーチは「福田の肩を考えて、あのタイミングならまわさないといけない。振り向いたらこけていた。あとは長野に聞いてください」と説明した。

 試合後、駐車場に現れた長野は立ち止まり無言…。「お疲れ様でした」と苦笑いでタクシーに乗り込んだ。

 一方で打撃は3試合連続安打を記録するなど上昇気配だ。走者を置いて迎えた六回と八回の打席は進塁打。緒方監督も「右打ちでいいつなぎだった。いい攻撃ができていた」とたたえていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス