文字サイズ

長野がまさかの転倒 本塁目前で足がもつれ、痛恨のタッチアウト…

4回、バティスタの安打で一塁から一気に本塁を狙うも三本間で転倒する長野
4回、広島・バティスタの安打で本塁を狙うもアウトとなる広島・長野久義=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
4回広島、1死一塁、広島・バティスタの安打で一塁から一気に本塁を狙うも三本間で転倒する広島・長野久義=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「広島2-0中日」(25日、マツダスタジアム)

 広島・長野久義外野手がまさかの転倒だ。

 四回1死から左前打で出塁。続くバティスタの左翼線二塁打で、全力疾走で三塁へ向かった。タイミングは微妙だったが、三塁コーチャーは本塁突入を指示。長野もスピードを落とさず三塁ベースを蹴ったが足がもつれたのか、痛恨の転倒。捕手加藤にタッチされアウトとなった。

 長野は3試合連続安打を記録。打撃の状態は上がってきているが、まさかのプレーで先制点を逃してしまった。

 ただ、八回は無死一塁からチーム打撃に徹して二ゴロ。進塁打で走者を進め、会沢の決勝打を呼び込んだ。主砲鈴木が3戦連続欠場の中、チーム一丸の7連勝に貢献。勝利を決めると、仲間と笑顔でハイタッチをかわして喜んだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス