文字サイズ

広島、連夜の悪夢…岡田が大乱調で二回途中6失点KO「どうなってんねん」ファン罵声

2回、4連続四球で降板する広島・岡田明丈=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚

 「広島2-6ヤクルト」(11日、マツダスタジアム)

 広島・岡田明丈投手が、立ち上がりから大乱調。投球フォームのバランスが崩れ、制球難に陥った。1回0/3を2安打6四球6失点でKO負け。チームは4連敗で、借金6となった。

 岡田は一回、先頭の太田に四球。その後1死一、三塁を迎えると、4番・バレンティンに右前適時打を放たれ先制点を献上した。なお1死一、三塁では雄平の左犠飛で2点目を失った。

 二回は制球がさらに悪化。たたきつけるワンバウンドのボールや抜けた変化球が打者の頭部付近に向かうなど、明らかなボール球を連発。2者連続四球で無死一、二塁とされると、バントの構えをしていた投手の寺原にもストライクが入らず、3者連続の四球で無死満塁。さらに、太田にもストレートの四球を与えて押し出しで3点目を献上。ここで降板を告げられた。

 2番手・矢崎も制球が安定せず、青木に適時打。山田哲の押し出し四球と流れを止められず。さらに、1死満塁から松山が失策。0-6となった。多くのカープファンが詰め掛けた本拠地は異様な雰囲気に包まれた。

 前夜は延長十回に一挙12失点で惨敗。悪夢のような光景に涙を流すファンもいたが、一夜明けたこの日も初回から暗雲が漂い、スタンドからは「どうなってんねん」などと罵声も飛んでいた。

 広島は本拠地で3連敗を喫しているが、3試合トータルで34失点。先発投手は7日・阪神戦の九里、9日・ヤクルト戦のジョンソン、10日・ヤクルト戦の野村に続き、4試合連続で5回を持たず降板となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス