文字サイズ

長野、待望の移籍1号 移籍後初スタメンで勝ち越しソロ!左翼席の鯉党歓喜

 「中日-広島」(2日、ナゴヤドーム)

 広島・長野久義外野手が七回に移籍1号となるソロ本塁打を左翼スタンドにたたき込んだ。

 3-3の同点で迎えた七回。先頭の長野はフルカウントからの大野の6球目の147キロ直球をとらえた。高々と舞い上がった打球は左翼スタンドへ着弾した。「イニングの先頭だったので、塁に出ることを心掛けていきました」。左翼席の鯉党からは、大歓声が注がれた。

 巨人にFA移籍した丸の人的補償として広島に移籍。31日の巨人戦(マツダ)で七回守備から移籍後初出場を果たす。直後の攻撃で元同僚の吉川光から移籍後初打席初安打をマークした。

 この試合では「6番・左翼」で移籍後初スタメンに起用されると、第2打席では右前打。そして第3打席で待望の一発が飛び出した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス