文字サイズ

小園、2軍公式戦デビューで初安打 ライバル根尾と切磋琢磨

 「ウエスタン、広島2-1中日」(2日、由宇練習場)

 広島のドラフト1位・小園(報徳学園)がウエスタン中日戦(由宇)に「1番・遊撃」で先発出場した。三回の第2打席で左前打を放ち、公式戦初安打を記録、白い歯をのぞかせた。

 開幕カードを1軍で迎えたが、出番なしのまま降格。再昇格を目指して始まった鍛錬の日々。充実感いっぱいの再スタート初日だ。

 「(1打席目の三振は)打席の感覚が全くなかった。次はこういう軌道かな、というのがあった。修正できた1本でした」と高い適応能力を示した。

 チームは将来の正遊撃手として育成する青写真を描く。成長曲線を伸ばすため、強化選手として数多くの試合に出場させる方針だ。「ショートを基本に、1番か3番で打席に立たせていこうと思う。1試合フル出場?基本的にはそう考えている。楽しみな部分がある」と水本2軍監督。

 試合前には、高校時代から意識するドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)と話をする場面があった。「ライバルだと思ってやってきた」。互いに切磋琢磨(せっさたくま)してきた根尾の存在もモチベーションになっている。

 「ミスショットがあったし、ボール球を振ることもあった。それだと苦しくなる。練習から、一からやっていきたい」と前を見据え、由宇の空の下で、白球を追いかけていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス