文字サイズ

ドラ1小園、シート打撃で大瀬良撃ち 読みピタリ!藤原よお先に

 シート打撃で小園は中前打を放つ(撮影・山口登)
1枚拡大

 「広島春季キャンプ」(12日、日南)

 広島ドラフト1位の小園海斗内野手(18)=報徳学園=が12日、“プロ初安打”を放った。シート打撃で大瀬良と対戦し、外角のカットボールを中前へはじき返した。実戦形式10打席目での1本。中学時代のチームメートで、ロッテドラフト1位・藤原よりも早い初安打となった。

 一塁を回ると白い歯がこぼれ落ちた。小園が実戦形式10打席目で放った“プロ初安打”は、大瀬良の伝家の宝刀を捉えたもの。「なかなか一本が出ていなかったので、まずはホッとしています」。キャンプ初日から日々進化を続ける18歳。巧みなバットコントロールを見せつけた。

 カウント2-2からの5球目。外角低めのカットボールを振り抜いた。「その前の球が浮いていたので、低めに来ると思っていた」。読みはピタリと当たる。バットの芯ではじき返した打球は、勢いよく中前ではずんだ。

 「3球目のカットで空振りを取っていた。バットの面で打っていたというか、修正するところがすごい。一本取られました」。昨季、最多勝と最高勝率の2冠に輝き、開幕投手筆頭候補の大瀬良は脱帽するしかなかった。

 親友を一歩リードした一打でもある。中学に枚方ボーイズで共に全国制覇を成し遂げたロッテの藤原は、紅白戦や対外試合などで17打席無安打。「絶対に先に打ってやろうと思っていた」。意識し合う存在。負けられない思いがある。

 反省も忘れない。真ん中の初球の直球をファウルした場面に唇を結んだ。「悔しかった。一発で捉えないといけない」。失投を確実に捉えられるか否かで成績は左右される。初安打より、仕留め切れなかった1球が脳裏に鮮明に残った。

 13日で宮崎・日南キャンプを打ち上げ、15日からの沖縄2次キャンプに帯同する。「頑張っていかないといけない」と闘志を燃やした若鯉。練習試合とオープン戦は計6試合が予定されている。黄金新人は実戦でかけがえのない経験を積みながら、安打を量産していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス