文字サイズ

広島赤松、がん公表原口にエール 自身も胃がん摘出「まずは治療に集中してほしい」

ノックを受ける赤松
ノックを受ける赤松
3枚3枚

 広島の赤松真人外野手が25日、廿日市市の大野練習場での合同自主トレ後、24日に自身にツイッターで大腸がんであることを公表した阪神・原口文仁捕手に向けてエールを送った。

 原口は昨年末の人間ドック受診時に、大腸にがんがあることが発見された。近日中に入院し手術を受ける予定で、春季キャンプには参加しない。

 赤松は2016年12月末に胃がんを患っていることを公表。翌17年1月に摘出手術を受けて胃の半分を切除した。抗がん剤治療などを行い昨季実戦に復帰。ウエスタンでは55試合で打率・237、1本塁打、5打点、5盗塁を記録した。1軍復帰へ向け着実に階段を上った。

 原口について聞かれると「ビックリした」と率直な思いを口にし、続けて「早期に見つかったというなら良かった。まずは治療に集中してほしい。僕の経験上、(術後は)きつい。でもそこで妥協すると後で響いてくる。可能であるならばちょっとでも歩いたり階段を上ったり、自体重のトレーニングとかやった方が良い。ただ、大変だと思うから無理のないようにやってほしい」とエールを送った。

 さらに「僕ができているんだから彼もできる」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス