文字サイズ

ドラ5田中法 畝投手コーチの前でブルペン入り「徐々に上げていきたい」

ブルペンに入り捕手を立たせた30球を投げた田中法
1枚拡大

 広島のドラフト5位・田中法彦投手(菰野)が13日、廿日市市の大野練習場で行われた新人自主トレで初めてブルペンに入った。屋外のマウンドで、捕手を立たせ直球のみを30球投げた。

 視察に訪れた畝投手コーチが見つめる中での投球。緊張感あふれるブルペンを振り返り「体が前に突っ込まないように投げた。でも引っかかったり抜けたりする球が多かった。徐々に上げていきたい」と話した。

 新人合同自主トレはこの日で終了。14日の休日を挟み、15日からはチームメートが合流した合同自主トレに参加する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス