文字サイズ

ドラ1小園、早期1軍活躍宣言「鯉の滝登りのように」

活躍祈願を行った小園(前列左端)らカープ新人8選手
1枚拡大

 広島の新人8選手が8日、広島市内の「湯ノ山明神」を参拝した。ドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園=は、同神社の滝登りをする鯉の彫り物を例に、自身も早期に1軍で活躍する決意を表明。まずは1軍スタートが有力な春季キャンプで生き残り、開幕1軍を目指す。

 神が宿る国の重要有形民俗文化財で、小園はキリッとした表情で手を合わせた。湯ノ山明神での活躍祈願。「気が引き締まりました。これから鯉の滝登りのように、早く1軍で活躍して頑張りたい」と高らかに宣言した。

 同神社の本殿には、滝登りをする鯉が彫られている。その木彫りを自身と重ねた。「つながりがあるんだなと。そういうところに行けて良かった」。頬を緩ませ、気持ちを新たにした。

 有言実行へ、参拝後の新人合同自主トレでも軽快にメニューをこなした。ノックでは持ち前の軽快なグラブさばきを披露。「高校の最後の方はバウンドを合わせるところでズレている部分があった。止まるところは止まって、動きだすところがあまりなかった」と課題もクリアしつつある。

 春季キャンプは1軍抜てきの可能性が高い。新人合同自主トレを視察した高ヘッドコーチは「体が強そうだね。基本ができている感じがする」と評価。小園は「1軍の舞台でやるのがまず目標。常に見られてると思ってやってます」と、キャンプも開幕後も1軍で過ごすため、存在感を放ち続ける思いだ。

 1年間戦う体を作るのは必要不可欠と自覚する。「(シーズンは)長期なので、ケガにつながる部分も多いと思う。ケガをせずに1年やっていきたい」。熱い心を胸に、いち早く1軍での躍動を示す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス