文字サイズ

長野の広島移籍が正式発表「強い広島に選んでいただき選手冥利に尽きる」

 広島は7日、巨人にFA移籍した丸佳浩外野手の人的補償で長野久義外野手(34)を獲得したと発表した。

 長野は佐賀県出身。筑陽学園高-日大-ホンダを経て2009年ドラフト1位で巨人に入団。昨季は116試合に出場し、打率・290、13本塁打、52打点だった。

 通算では1209試合の出場で打率・286、137本塁打、500打点。新人王、首位打者、最多安打のタイトルに輝き、ベストナインとゴールデングラブ賞をそれぞれ3度獲得している、

 広島は昨季限りで新井、丸が退団。野手の底上げが急務だった。

 巨人は西武からFA移籍した炭谷銀仁朗捕手の人的補償として、内海哲也投手が西武に移籍したばかり。生え抜きベテランの続けての移籍となった。

 巨人も正式に長野の移籍を発表。長野は球団を通じ「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利につきます。自分の事を必要としていただけることは光栄なことで少しでもチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。巨人では最高のチームメイトに恵まれ、球団スタッフ、フロントのみなさんの支えのおかげでここまで頑張ることができました。また9年間応援してくださったジャイアンツファンの皆さまのおかげで苦しいことも乗り越える事が出来ました。ありがとうございました。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」とコメントを発表した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス