文字サイズ

下水流“ポスト新井”へ猛アピ弾 日本シリーズの悔しさ糧に競争勝ち抜く

 シート打撃でソロを放つ下水流
1枚拡大

 「広島秋季キャンプ」(13日、日南)

 広島の下水流昂外野手(30)が今キャンプ初となるシート打撃で猛アピールした。床田から左越えソロを放つなど、2安打1本塁打2打点。今秋は本職の外野だけでなく、一塁の守備練習を再開。チーム屈指の打力を武器に、“ポスト新井”の一番手として名乗りを上げる。

 視線を独り占めにした。下水流が左肘の故障から復活を目指す床田の直球を左翼席へ突き刺す。「甘い球を一振りで仕留められたのは良かった」。完璧な一打。スタンドからの拍手を背中に浴びてダイヤモンドを一周した。

 みやざきフェニックス・リーグから手応えを感じ始めている。「これまではオーバースイングだった。言葉で表現するのは難しいけど、今は力感なく振れている」。打席の中で力むことが少なくなったことで、捉える確率が上がった。

 無死三塁で中村祐と対戦した場面では左前適時打を放った。3打席で1本塁打を含む2安打、2打点。持ち味の長打力に加え、1点が欲しい状況でシュアな打撃を見せ、猛アピールした。

 激化している“ポスト新井”争い。ライバルはメヒア、バティスタ、堂林など多い。競争を勝ち抜くために、今秋から昨オフ以来となる一塁の守備練習を再開。「引き出しが増えるのは良いこと」。この日は1死二、三塁の場面で西川のゴロをさばき、本塁へ送球。得点を許さなかった。

 日本シリーズでは40人枠に選ばれながら、試合に出場できる25人には選ばれなかった。「最後の最後で選ばれなかった。実力がなかったということ」。悔しさを糧にして臨む、今年の秋季キャンプだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス