文字サイズ

練習生左腕に“第2のフランスア”の期待!ドミニカ出身のモンティージャ

ブルペンで投球練習するモンティージャ(撮影・山口登) 
1枚拡大

 「広島秋季キャンプ」(11日、日南)

 広島の秋季キャンプが11日、宮崎県日南市の天福球場でスタートした。ドミニカ共和国カープアカデミー出身で広島の練習生、スマイリン・モンティージャ投手(23)はブルペンで60球を投げた。192センチの長身から放たれる直球は威力十分。“第2のフランスア”になれる可能性を示した。

 緒方監督が見つめる中、ドミニカンは目いっぱい腕を振った。「ちょっと球が弱かったね。普段はもっと球速が出ているんだけど」。この日の最速は148キロ。それでも悔しそうな表情を見せた。

 昨秋に初来日。今年は練習生として2軍などの練習に参加した。当初は球に力はあるものの制球はバラバラ。フィールディングも全くできなかった。日本で成功するためコーチの助言を聞き、ひたむきに汗を流してきた。

 「左投手であれだけ速い球を投げられる投手はなかなかいない。磨けばダイヤになる」と佐々岡投手コーチ。成長曲線は上昇カーブを描き、総合力は格段に上がった。無限の可能性に首脳陣は期待している。

 フランスアは今季、育成選手から支配下選手となりリーグ3連覇の立役者になった。「僕も彼の後に続いていけるように頑張りたい」。モンティージャは力を込めた。13日には実戦形式の練習に登板する予定。剛球でジャパニーズドリームの道を切り開く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス