文字サイズ

広島 痛かった初回の本塁憤死 玉木三塁コーチャー「自分の判断ミス」

1回、丸の二塁打で一塁から一気に生還を狙うもアウトとなる菊池=ヤフオクドーム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1広島」(31日、ヤフオクドーム)

 広島は初回の攻撃で、先制点を奪えなかった。

 1死から菊池が左前打で出塁。続く丸が放った打球は右中間を破った。一塁走者の菊池は二塁を回り三塁も蹴って、本塁へヘッドスライディング。だが、柳田-明石-甲斐とつながれた完ぺきな中継プレーに阻まれタッチアウトになった。

 菊池が三塁で止まっていれば1死二、三塁と好機を広げて打席に鈴木が立っていた。一瞬の判断を迫られ、腕を回して本塁突入を指示した三塁コーチャーの玉木内野守備走塁コーチは「中継プレーがしっかりと返ってきた。少しでもそれていたらセーフだったと思う。選手を信じて回した。でも結果的にアウトになったので自分の判断ミス」と振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス