文字サイズ

タナキクが“お見合い” 痛い追加点を献上

6回、ソフトバンク・長谷川勇也に適時打を浴びた広島・今村猛=ヤフオクドーム(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-広島」(31日、ヤフオクドーム)

 広島・田中広輔内野手と菊池涼介内野手の名手2人が、“お見合い”で追加点を許した。

 六回に3番手として今村猛投手がマウンドに上がり、1死一、三塁のピンチ。松田の代打・長谷川勇の打球は高く弾んで二遊間へ。田中、菊池ともに追いつけそうな打球だったが、呼吸が合わず、お互いにチャージを緩めてしまった。

 結果的に中堅に抜ける適時打で、リードを3点に広げられた。名手泣かせの打球に天を仰いだ田中。痛い失点となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス