文字サイズ

曽根がプロ初安打初打点の適時三塁打 7月にソフトバンクから移籍

 5回、プロ初安打となるタイムリー三塁打を放ち、ナインから祝福される曽根(右)=撮影・飯室逸平
1枚拡大

 「広島-ヤクルト」(23日、マツダスタジアム)

 広島の曽根海成内野手が、プロ初安打初打点を記録した。

 0-7の五回無死一塁。岡田の代打として打席に立つと、直球をはじき返し右中間を破る適時三塁打を放った。「来た球を無我夢中で打ちに行きました。プロ初ヒットが出てとにかくうれしいです」とコメントした。

 2014年に京都国際高から育成ドラフト3位でソフトバンクに入団。17年3月に支配下登録され、今年7月に美間とのトレードで広島に加入した。移籍後、3打席目にして放ったプロ初安打だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス