文字サイズ

緒方監督 満塁弾とともに守備陣にも賛辞 野村にも「粘り強く投げていた」

4回、DeNA・梶谷隆幸の打球を軽快にさばく広島・野村祐輔=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島10-1DeNA」(27日、マツダスタジアム)

 広島がバティスタと田中のグラウンドスラム2発で爆勝した。

 試合後の緒方監督は「満塁本塁打2本だから。大きいよね。これだけの得点になる」とうなずいた。この日は鈴木や菊池など、守備でも好プレーが相次いだ。指揮官は「ピッチャーを助ける守り。流れを止めてくれた。すばらしいプレーだった」と賛辞を惜しまない。

 4安打した安部にもついても言及し「2軍から上がってきたときも状態は良さそうだったが、西川のバットでアピールしていたから使ってあげられない状況だった。昨日から粘っていい仕事をしてくれた」とたたえた。先発野村についても「粘り強く投げていた」と評価していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス