文字サイズ

会沢「助け合い、支え合い、カープも広島も」執念の決勝打

5回、勝ち越し2点適時打を放つ会沢(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「広島7-5巨人」(21日、マツダスタジアム)

 広島が逆転勝ち。巨人との直接対決で連勝し、ゲーム差を「7」に広げた。貯金は今季最多14となった。

 切り込み隊長の田中広が3安打2打点で、菅野攻略に貢献。東海大相模、東海大では同級生だったライバルから貴重な一打を積み重ね、「(菅野から)今シーズン一本目打ってなかった。絶対に打つぞと思っていた。ヒットを打ったのはうれしい」と笑み。八回、ダメ押しの適時三塁打については「なかなか追加点を取れてなかった。何とか1点をと思った。結果的に大きい1点になって良かった」とうなずいた。

 決勝打は会沢だった。五回、菅野から詰まりながらも勝ち越しの2点適時打を放ち、「(大瀬良)大地が頑張っていた。何とか点をと思った。一番いいところに落ちた。ファンの皆さんが落としてくれたのかなと思います」と感謝。広島も西日本を襲った豪雨で大きな被害を受けたが、「助け合い、支え合い、カープも広島も頑張っていきましょう」と、声を張り上げた。

 打線の援護を受けた大瀬良が六回途中4失点で11勝目。小刻みな継投で巨人打線の追い上げをかわした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス