文字サイズ

鈴木「チャンスを生かせて良かった」2点先制打

1回広島、無死満塁、先制の2点タイムリーを放つ広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「広島-巨人」(27日、マツダスタジアム)

 広島が一回に鈴木誠也外野手の2点適時打と新井貴浩内野手の適時打などで4点を先制した。

 先頭の田中、菊池は連続単打、丸は四球を選び無死満塁。続く鈴木が田口の変化球を中前へはじき返し、2者が生還。「打ったのはカットボールかな。みなさんがつないでくれたチャンスを生かせて良かったです」とコメントした。

 なお一、三塁で新井は「誠也がしっかりランナーをかえしてくれたので、楽な気持ちで打席に入れました」と右前適時打をマーク。さらに野間の遊ゴロの間に1点を追加した。3試合連続2桁得点中の強力打線。この日も初回から好調ぶりを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス