文字サイズ

田中先頭弾&新井3ラン 首位カープ初回5得点で主導権

 「巨人-広島」(23日、ひたちなか市民球場)

 広島が初回に田中広輔内野手の先頭打者弾、新井貴浩内野手の1号3ランなどで5点を先制した。

 いきなりアーチを描いた。田中が吉川光の2球目、外角直球に反応。高く舞い上がった打球は左翼スタンドに着弾し、「入るとは思わなかったですが、伸びてくれましたね。良い感触でした。先制できて良かったです」と振り返った。

 さらに1死一、二塁で打席には新井。カウント2-1からカーブを豪快に振り抜いた。今季1号は左越えの一発とし、「しっかりと自分のスイングができました。チャンスだったので、ランナーをかえせて良かったです」。その後も2死二塁から美間が左前適時打を放ち、プロ初打点をマーク。2安打完封負けから一夜明け、初回から打線が火を噴き主導権を握った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス