文字サイズ

広島が14点奪い阪神に大勝 今季最多の5アーチ放つ

7回、この試合2度目の菊池とのアベック弾に笑顔で菊池とハイタッチするバティスタ
7回、3ランを放つ広島・菊池涼介=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
1回広島2死二塁、2ランを放ち一塁を回る広島・石原慶幸=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「広島14-1阪神」(11日、マツダスタジアム)

 広島が今季最多の5本塁打を放ち、大量14点を奪って快勝した。

 一回に菊池の6号、バティスタの7号、石原の1号の3本の本塁打を含む5安打で6点を先取。二回にも3点を加えた。さらに七回にも菊池が7号3ラン、バティスタが8号ソロと、この試合2度目の連続アーチをかけて4点を加えた。

 先発のジョンソンが7回を1失点に抑えて3勝目。

 緒方監督は試合後、「新井が戻ってきて打線が活気づいた」と総括した。

 阪神は能見が4回9失点と打ち込まれたのが誤算。江越の1号で完封負けを阻止するのがやっとだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス