文字サイズ

ジョンソンは5回6安打3失点 打線も援護できず 3勝目逃す

2回、ヤクルト・ブキャナンに適時二塁打を浴び厳しい表情の広島・ジョンソン=神宮球場(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「ヤクルト-広島」(4日、神宮球場)

 広島のクリス・ジョンソン投手が先発し、5回6安打3失点で降板した。

 初回は2死から青木に左翼線二塁打を許したが、バレンティンを投ゴロに仕留めた。だが二回。1死一、三塁のピンチを迎えると中村へのスクイズで先制点を献上。なお2死二塁でブキャナンに左翼線適時二塁打を与えると、2死満塁では青木に押し出し死球を与え3点目を失った。

 三回以降は何とか無失点に抑えた左腕。六回の攻撃で代打を送られ降板した。4月14日・巨人戦以来の白星を目指した登板だったが、今季3勝目はならなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス