文字サイズ

広島・中村祐、2勝目も涙 プロ初完投目前、連続四球で交代 チームは首位返り咲き

 「DeNA2-7広島」(24日、横浜スタジアム)

 先発した広島の中村祐太投手が8回1/3を5安打2失点で2勝目を挙げた。チームも連敗を3で止めて、首位に返り咲いた。

 首位のDeNA打線を五回まで無安打に抑え、六回に3連打などで1点を失ったが、打線の大量援護もあって八回までは4安打1失点でまとめた。プロ初完投が見えた九回1死から、安打と連続四球で満塁として中崎に交代を告げられ、ベンチに戻ると両目に涙を浮かべ、悔しさをにじませた。

 ヒーローインタビューで中村祐は「泣いてません」と強がり、完投目前の降板については「また、次できるように頑張ります」と前を向いた。

 打線は初回、DeNA先発の左腕・今永を攻略。1死から菊池が右翼線への二塁打を放つと、丸が先制の中越え適時打。さらにバティスタも続いて、3連打で2点を先制した。四回には会沢の右翼席への1号ソロで加点。続く五回は鈴木の犠飛で1点を加え、2死満塁から相手の中堅・神里の落球でラッキーな走者一掃の3点を加えた。

 DeNAは左肩違和感の影響で今季初登板となった今永が、5回8安打7失点と期待に応えられず。チームは2連敗で広島に首位を譲り渡した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス