文字サイズ

逃げ切って広島連勝 巨人、九回の反撃も一歩及ばず

巨人に勝利し、タッチを交わす広島ナイン=東京ドーム(撮影・中田匡峻)
1枚拡大

 「巨人4-5広島」(15日、東京ドーム)

 広島が逃げ切って巨人に連勝した。

 2-2の七回。菊池が左中間スタンドに、この日2本目となる3号ソロを放ち、勝ち越し。さらに松山、エルドレッドの2者連続適時二塁打で2点を加えて、突き放した。

 投げては先発の大瀬良が6回2安打2失点と好投し、2勝目(1敗)を挙げた。

 巨人は先発した野上が6回を9安打2失点と粘投したが、七回に2番手で登板した上原が、2/3回を3安打3失点と打ち込まれた。

 打線は九回、抑えの中崎を攻めて、坂本勇の2点適時打で1点差に詰め寄ったが、後一歩及ばなかった。

 巨人は今季10敗目を喫した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス