文字サイズ

田中 痛恨の適時失策も…緒方監督「思い切ってプレー。責める気は全然ない」

 6回、俊介の打球を後逸する田中(撮影・飯室逸平)
 6回、田中が俊介の打球を失策し同点となる(撮影・山口登)
 6回、田中(左から2人目)が俊介の放ったゴロを後逸して同点に追い付かれ、マウンドに集まる広島ナイン(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「阪神4-3広島」(10日、甲子園球場)

 広島・田中が2点リードして迎えた六回1死満塁で、俊介のボテボテの遊ゴロに懸命に突っ込んだが、グラブにボールが触れることなく後逸。2者がかえって同点とされた。

 田中は「あの打球は攻めないといけない。待ってオールセーフにすると後悔する。しいていえば前にはじいておけば」と振り返り、緒方監督も「思い切ってプレーしてくれた。責める気は全然ない」とかばっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス