文字サイズ

今季初黒星 鯉1イニング3発も実らず4連勝でストップ ヤクルト西浦が決勝打

 「ヤクルト8-5広島」(4日、神宮球場)

 広島は接戦を落とし、今季初黒星。開幕からの連勝が4で止まった。

 先制はヤクルト。四回に中村が適時二塁打を放ち、西浦の適時打で2点目。さらにバレンティンの2号3ランで一挙5点を奪った。5点リードを追いつかれた直後の六回には、西浦の中前適時打で再び勝ち越した。八回には青木の適時二塁打などでリードを広げた。

 広島はプロ初先発の高橋昴が4回5失点で降板。5点を追う六回、磯村の1号ソロ、エルドレッドの3号3ラン、松山の1号ソロで一時は同点に追いつく粘りを発揮したが、2番手の九里が決勝点を奪われた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス