文字サイズ

カンポス“リトル・サファテ”だ 変化球&制球力抜群! まるでパMVP右腕

 初ブルペンで変化球を交え投球するカンポス(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「広島春季キャンプ」(4日、日南)

 広島の新外国人、レオネル・カンポス投手(30)=前ブルージェイズ=が4日、来日後初めてブルペン入りし、角度のある直球や高い制球力を披露した。他球団の007は、ソフトバンク・サファテと重ね合わせて警戒心を強めた。新助っ人は徐々にペースアップし、し烈な外国人争いを勝ち抜いていく。

 真っ赤なユニホームに身を包み室内ブルペンのマウンドに立つと視線を一身に浴びた。淡々と、テンポ良く投球を続けたカンポスは「非常に順調で、気持ち良く投げることができました。体の開きもなく、スムーズに投げられた」と充実の笑みを浮かべた。

 奪三振率の高さが自慢の右腕だが、この日は「6~7割の力」で安定した制球力を披露した。188センチの長身から投げ下ろす、角度のついた直球を中心に計30球。米国より軟らかいとされる日本のマウンドでも、球を低めに集め続けた。100%の力で投げても「コントロールの自信はある」と言い切った。

 変化球は縦のスライダーこそ見せなかったが、5球ほど投げたチェンジアップは武器として使えるレベル。緒方監督は「バランスのいいフォームでコントロールはいいと思う」と評価し、畝投手コーチは「チェンジアップもいい落ちだね」とうなずいた。

 他球団007は警戒心を強めた。阪神・飯田スコアラーは「球離れが安定している」と驚き、開幕カードで対戦の可能性がある中日・鈴木スコアラーは「例えるなら(身長が5センチ低い分)リトルサファテ。顔や雰囲気も」。捕手を務めた会沢も「サファテのようなきれいなフォーシームを投げる」と証言。元広島で、昨季はソフトバンクでシーズン54セーブの日本記録を打ち立て、パ・リーグMVPに輝いた現役最強助っ人右腕と重ね合わせた。

 米国時代と同じ自己流の調整を行う。毎日、ジャクソンと行うキャッチボールは黄色のボールからスタート。「(通常の)約2倍重い。肩の力を上げる意味合いで投げてます。(NPB球が)相当軽く感じる」。このルーティンで、調子も上げていく考えだ。

 緒方監督は「近年は中(継ぎ)で投げているので、たぶん中の起用になると思う」とシーズンを見据える。4人の外国人枠の投手、野手の内訳にもよるが、1軍生き残りへの戦いはこれから。10日からの第3クールで打者相手に投げる予定のカンポスは「自分の持ってるものをしっかりアピールすることで首脳陣の信頼も得られると思う」。闘志を胸に3連覇へ貢献する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス