文字サイズ

祥万、今季初登板で同点劇呼んだ 1軍生き残りアピール

 「広島5-5阪神」(3日、マツダスタジアム)

 今季初登板した広島・佐藤祥万投手(27)が同点劇を呼び込んだ。

 2-5の九回、先頭・大和を遊ゴロ、坂本は直球で空振り三振に仕留め、最後は大山を遊ゴロに打ち取った。1イニングをピシャリ。「1球1球集中してゼロに抑えたら、打線が追いついてくれると思った」と汗を拭った。1軍生き残りを誓う左腕が、好投でアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス