文字サイズ

秋山が三回途中で急きょ降板…四球後自らタイムかけ

3回途中、緊急降板する秋山(中央)
3枚

 「阪神-ヤクルト」(5日、京セラドーム大阪)

 阪神の先発・秋山が三回2死から坂口に四球を与えた所で急遽、降板した。自ら球審にタイムを求めると、香田投手コーチとトレーナーがマウンドへ駆け寄った。

 違和感を訴えた模様で、ベンチに下がり、そのまま2番手・松田に交代となった。急きょ登板となったが、山崎を右飛に打ち取り、仕事を果たした。

 既に今季9勝を挙げている右腕。この日の先発マウンドは自身初となる2桁勝利をかけて臨んだ登板だった。

 この日は初回を難なく三者凡退に抑える順調な立ち上がりだった。二回は先頭・山田に右中間への二塁打を打たれるも後続を抑え得点を許さず。2点リードで迎えた三回に降板するまで4三振を奪うなど、直球の制球がさえていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス