文字サイズ

野村5回2失点で降板 四回に2死から痛恨の3連打浴びる

力投する広島・野村祐輔=甲子園(撮影・高部洋祐)
5回、中前に復帰初安打を放つ西岡(投手・野村)=撮影・飯室逸平
逆転を許した5回を終え、悔しそうな表情でベンチに戻る野村(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「阪神-広島」(17日、甲子園球場)

 後半戦の“開幕投手”を任された先発・野村は5回2失点で降板した。

 二回の1死一、二塁のピンチは武器のシュートで梅野を三塁ゴロの併殺打に打ち取って切り抜けたが、痛恨だったのは1点リードで迎えた四回。2死から鳥谷、糸原、梅野に3連打を浴びて2点を失い、逆転された。

 甲子園での登板は15年7月14日以来2年ぶり。しかし、過去1勝2敗、防御率6・32と相性は良くなく、この日も失点こそ2点だったが、8安打を浴びる苦しい内容。「良いスタートを切れるように頑張りたい」と意気込んでいたが、不本意な結果に終わり、厳しい表情を浮かべた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス