文字サイズ

広島が6連勝、岡田は今季1勝目、プロ初完封は逃す「次に生かしたい」

緒方監督(左奥)らと歓喜のタッチを交わす広島ナイン(手前左から天谷宗一郎、田中広輔、鈴木誠也、丸佳浩、菊池涼介、ブラッド・エルドレッド、安部友裕)=マツダスタジアム
力投した広島・岡田=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
8回ヤクルト2死一、二塁、バレンティンを三振に仕留め、拳を握りしめる広島・岡田明丈=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 「広島2-1ヤクルト」(8日、マツダスタジアム)

 広島が1分けを挟み6連勝。先発・岡田は8回1/3、5安打1失点で今季初勝利を挙げた。プロ初完封を目指して九回もマウンドに立ったが、畠山の二塁打を許すなど2走者を出して、ジャクソンと交代した。

 広島は二回1死一、三塁から重盗で1点を先制。2死三塁から石原の右前適時打で2点目を挙げた。

 ヤクルトは4連敗。0-2の九回1死満塁から代打・鵜久森の左前適時打で1点を返したが後続を断たれた。先発・小川が7回6安打2失点で2敗目。

 今季初勝利の2年目・岡田は前回の阪神戦で4回6失点だっただけに、「修正できました。力まずにしっかり自分のボールを投げることに重点を置いた。(九回に)完投できなかった悔しさは次にいかしたい。(八回にバレンティンをこの日三つ目の三振に)力みましたが、空振りしてくれて良かった」と振り返った。

 岡田をリードし、自らも貴重な2点目のタイムリーを放った石原は、「(岡田は)自分のいいボールを投げてくれたと思う。(打撃は)食らいついた結果が一番いい結果になった」などと語った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス