文字サイズ

ドラ3床田、開幕ローテに一歩前進 5回1失点

好投する床田
3枚

 「オープン戦、楽天-広島」(16日、静岡草薙野球場)

 広島のドラフト3位・床田寛樹投手(22)=中部学院大=が先発し、5回4安打1失点で降板した。

 初回、先頭の茂木に二塁打を浴びいきなりピンチを背負った。だが、落ち着いた投球で後続を抑え無失点。三回は安打と盗塁などで2死二塁とされると、銀次に右前適時打を放たれ、1点を失った。この回以降、失点を許さず予定の5イニングを投げ終え、マウンドを降りた。

 前回9日の西武とのオープン戦(マツダ)では制球に苦しみ、4回3安打2失点(自責点1)。走者を背負った時の投球を課題としていた。登板後左腕は「前の投球よりはストライク先行で投げられた。点が取られた試合の中では1番よかった」と振り返った。粘り強い投球で、開幕ローテ入りへまた一歩前進した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス